読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つたない写真ブログ

つたない写真を徒然と・・・(不定期)

映画 「砂の器」(1974年) を辿る

 

こんにちは、こんばんは。”おおぶ”です。

 

数年前のことですが、映画「砂の器」のロケ地に行きました。

<あの頃映画> 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]

<あの頃映画> 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]

 

実は、この時の旅は2回目で、1回目は電車で、2回目は車で行った次第です。

映画は小学生の時にビデオで鑑賞したのですが、あまりに感動し、夜も眠れないくらいに泣きました。それから何度も何度も観直した覚えがあります。小説も読みましたが、自分の中では映画が一番です。

ドラマ化も何度もしましたが、1974年版の映画を観ていただければと思います。内容はネタバレになりますので割愛させていただきます。

今回の写真は、映画を鑑賞した上で見ていただければ、時代の変化が感じられると思います。

 

映画の中で亀嵩駐在所があった場所です。

亀嵩駐在所があった場所

NEX-7+SEL1670Z

 

亀嵩駐在所があった場所

NEX-7+SEL1670Z

 

映画の中での亀嵩駅の駅舎、実際は八川駅が使用されました。

八川駅

NEX-7+SEL1670Z

 

映画の中で亀嵩駅のホーム、実際は出雲八代駅のホームが使用されました。

出雲八代駅のホーム

NEX-7+SEL1670Z

 

出雲八代駅のホーム

NEX-7+SEL1670Z

 

映画を鑑賞していない人にはただの一風景にしか見えませんが、自分の中では魂を揺さぶられる風景でした。いかがでしょうか?

映画を鑑賞後であれば、出かける価値は十分にあると思います。
それでは。

 

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

 
砂の器〈下〉 (新潮文庫)

砂の器〈下〉 (新潮文庫)

 

 

 撮影機材:

SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS※Eマウント用レンズ(ソニー ミラーレス一眼用) SEL1670Z

SONY ミラーレス一眼 α NEX-7 ズームレンズキット E18-55mm F3.5-5.6 OSS付属 専用ブラックモデル NEX-7K